【仮想通貨】SEC、80の暗号通貨関連企業に召喚令状を発行。これまでに発行されたトークンが証券であると判断される可能性も

米証券取引委員会(SEC)は、TechCrunchの創設者であるMichael Arrington氏の1億ドルの暗号通貨ヘッジファンドを含む暗号通貨関連企業に、業界の調査を行うため召喚状を発行した。

Arrington氏は召喚令状に問題はないと述べ、政府が市場のルールを理解しなければならないと話した。

証券法が暗号通貨に適用されるかどうかは未定であるが、SECは、暗号通貨が規制の対象となっているといている。しかし、開発者が規制をどのように遵守すべきかを示しておらず、その結果、暗号通貨関連企業は弁護士に依頼するほか方法がないようだ。いくつかのICOなどでは、法的な不確実性のために、米国投資家がICOに参加することを禁止するなどの表記が見られる。

sec

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。